アルゴファイル 電動研磨機 アルティマ5 固定スタンドを自作

 アルゴファイルのアルティマ5は往復式で最大回転数も大きく、長時間使用すると問題が有りそうなので、机に固定して、パーツを当てる感じで使いたいと思い、机にクランプ固定するスタンドを自作しました。
 製作の様子を動画にしたので、Youtubeに投稿しました

 動画では角材や板の切り出しの様子は動画撮影していませんでしだが、マキタのスライド丸ノコを使いました。
 ホームセンターだと、カットサービスを行っている事が多いので、寸法が決まっているなら、そっちを使われた方が手軽だと思います。

 角材や板の塗装はアンティークワックスを使いました。
 他の塗装方法に比べて手軽で、失敗も有りません。

 タッピングビスの下穴を開けるのには、先日購入したホーザンのボール盤が大活躍でした。

 底から打った皿タッピングの頭が収まる様に、下穴を六角軸の面取ビットで面取りしています。

 机への固定には、アネスト岩田のブラシハンガーのクランプが使える様にしました。
 使った物は生産終了しているみたいですが、アマゾンで売られているエアーブラシ用のスタンドキットのクランプが同じ様に使えると思います。

 完成したスタンドに固定した様子。
 スタンドへの固定は、レジンキャスト複製に使う12幅のゴムバンドで行いました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です