小型卓上ボール盤 ホーザン K-21 デスクドリル

 ホーザン K-21 デスクドリルを購入しました。
 開封、動作確認、アクリルブロックでな穴あけテストの様子をYoubuteに掲載しました。

 原型製作や、レジンキット製作、DIYで、垂直に穴開けを行う機会は少なくないので、ハイキューパーツの垂直ドリルガイドや、SK11のドリルガイドキットSGK-6ファンテックのドリルスタンド DS-20等を持っていて、普段は垂直ガイドを使いながら、マキタの電動ドリルで穴あけしていますが、ガイドを使って慎重に穴あけを行っても、穴が傾いてしまう事が少なくないので、 小型のボール盤は前々から欲しいと思っていました。

 高儀 EARTH MAN ミニボール盤 BB-100Aと同等品の小型ボール盤を以前使っていましたが、小物の加工には向いていなかったので、ゴムベルトを使い切ったのを機に手放していました。

ハイキューパーツ 垂直ドリルガイド 2.0mm
SK-11 ドリルガイドキット SGK-6
マキタの充電式電動ドリル
ファンテック ドリルスタンド DS-20

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドリルスタンド【DS-20】 ファンテック
価格:6048円(税込、送料無料) (2019/6/9時点)


 プロクソンのテーブルドリルはネットでの評判も良く、 マイクロクロステーブルと組み合わせると、精密な穴開けを行う事が出来るので、 10年くらい前から欲しかったのですが、2万円台前半と少々お高く、中古品も殆ど流通しておらず、有っても新品と変わらない値段だったので、購入に至りませんでした。
 最近は、以前に比べると安くなり、ネット通販だと大抵は2万円を切り、16,000円台で購入できる様にもなっていたので、購入しようかと考えていた所、同等品と思しきホーザンのK-21が、アマゾンアウトレットでプロクソンのテープルドリルよりも安価に売られていたので、購入しました。
 アマゾンのレビューを見ている限りでは、プロクソンと色が違うだけで、値段は高い物の、パーツの入手性は良いので、長く使うならホーザンの方が安心みたいですね。

 懐が14cmと十分に深く、自分が作る様なフィギュアに使うアクリルベースの穴あけには、困る事はまず無さそうです。
 把握できるドリル刃は6mmまでとなっいてますが、6.35mmの六角ビットが問題無く使用できました。

 ボール盤としてはトルクが細めの機種らしいのですが、リューターのハンドピースに比べる圧倒的なトルクで、アクリルベースであれば2mmのドリルでも抵抗感がありません。

 アクリルベースの穴あけには十分な性能でした。

 安価なボール盤だと、1mmのドリルが、軸ブレとアクリルの粘り気のせいか、固定されてしまい、折れてしまう事も有りましたが、K-21をテストした限りでは、そういう不安感は無く、すっと開けられました。

 WAVE ワンタッチピンバイス用のドリル刃が長さが丁度良く、細い六角軸なので、チャックへの着脱が容易です。

 安全対策に、中間スイッチ付きの延長コードを使っています。

 30mmのストロークも十分です。

 ストッパーを上手く使えば貫通させないギリギリの穴あけが可能です。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です