160系カローラフィールダーに応急タイヤを搭載した。

 最近の車はスヘアタイヤやテンパータイヤではなく、パンク補修液と簡易コンプレッサーの組み合わせの、パンク応急修理キットが標準搭載されている事が多く、160系カローラもフィールダー、アクシオ共にパンク応急修理キットが標準装備で、 120系カローラでは標準装備だったテンパータイヤは、 メーカーオプションとなっています。
  先日中古購入したカローラフィールダー(DAA-NKE165G)も例に漏れずパンク応急修理キットが搭載されていました。
  パンク応急修理キットは液剤を注入してタイヤの穴を塞ぐ事で、応急的に走行を可能にする物ですが、これを使ったタイヤは修理が出来ず、廃棄して、交換しないとなりません。それは嫌なので、テンパータイヤを搭載する事にしました。

 テンパータイヤを固定する為のボルトと、クッションのゴムはトヨタ系のカーショップジェームスで注文して購入しました。こちらは1,500円程でした。
 ジェームスで品番を確認の上、取り寄せて貰いました。

 パンク補修キットの発泡スチロールは、先日取り外そうとしたら、しっかりと固定されている感じでしたが、気温の上昇で両面テープが弱くなったのか、あっさり取り外せました。
 底には固定ボルト用のネジ穴が有りました。

 試しにテンパータイヤを置いてみました。
 テンパータイヤは160系カローラフィールダーに搭載されていた純正品です。

 120系カローラフィールダーではこの向きでしたが、160系カローラでは固定ボルトが短いので、この写真の状態は裏向きでした。

 こちらが正しい向きでした。

 パンク補修キットを固定していた両面テープの位置に、ジェームスで購入したクッション用のゴムを貼り付けます。

 タイヤを置き、ボルトを締め、ジャッキと折り畳み式のクロスレンチをウエスに包んで動かない様に配置しました。

 トレイも問題無く収まり作業は終了です。

 パンク応急修理キットの搭載は、軽量化の為らしいですが、普段使いする実用車で10kg程度の軽量化に意味が有るとは思えません。
 パンクする可能性が高いのは駆動輪でもある前輪なので、その場合、後輪の健全なタイヤと交換する必要があり、タイヤ交換が自力で出来ない人だと、JAF等のロードサービスを呼んでレッカー移動になると思いますし、タイヤ交換が自力で出来る人なら、テンパータイヤやスペアタイヤの方が手っ取り早いんじゃないでしょうか?

3件のコメント

  • スペアタイヤを積んだため
    パンク応急修理セットのポンプは積んでいないのですか?

    • 不要なので積んでません。

  • 私もフィルダー(160系)に乗っています。
    スペアタイアの搭載をしてみようと思います
    参考にさせていただきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です