撮影用に高演色電球型LEDを買ってみた

 Ra95の高演色性を謳う、色温度が5000Kの60W相当の電球型LEDランプがAmazonで売られていたので購入してみた。

 こちらは普段の作業に使っている、Ra99 5000Kの色評価用の蛍光灯での撮影。

 蛍光灯を消灯して、写真の40cmのバンクライトを使って撮影してみる。

 こちらがLED電球をバンクライトに取り付けて、撮影した写真。
 光量に関してはシャッタースピードを落とせば済むので問題無いにしても、LEDで、蛍光灯や電球みたいな拡散光になるのか、心配だったが、デフューザーなしでこの結果なので問題は無さそうだ。

 今まで撮影用照明に使っていたマルカンのスパイラルライトは、E26口金の蛍光灯としては高演色で演色性には不満が無かった物の、5500Kとデフィーザーを通しても色温度が若干高いのが気になっていたので、今後はこちらを使おう。
 値段も少し安いし、取扱も蛍光灯よりも楽なので、新しく買うならこちらの方がお勧め。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です