アネスト岩田 カスタムマイクロンCM-CP2 を買った

 昨年末に購入して今年の元日に届いたクレオス Mr.エアブラシ カスタム 0.18mm PS770に気を良くして、国内で流通している中では最高峰の アネスト岩田のCM-CP2(CM-C Plus2)を購入しました。

 開封と試し噴きの様子を撮影しました。
 動画撮影しながらの試し噴きは上手く行きませんでしたが、使用手順の参考にはなると思います。

 CM-CP2を含めた、アネスト岩田のカスタムマイクロンシリーズはエアーブラシとしては非常に高価な製品なので、在庫販売しているのは数少ない専門店に限られる様です。
 アネスト岩田の製品を取り扱っている店でなら取り寄せる事は出来ると思うのですが、価格や専門性を考慮すると、常時在庫販売しているネット通販で買うのが良いと思います。
 自分が調べた範囲では Yahooショッピングの専門店で販売されてい物が一番安く、グレードが下になるCM-P2よりも若干安い、48400円で販売されています。

 同じショップはアマゾン楽天でも販売していますが、出店手数料の違いからなのか、 Yahooショッピングでの販売価格が一番安価でした。

 購入日やランク、Yahooで利用しているサービスと言った要素で変わると思いますが、私の場合、ゾロ目の日に配布されるクーポンの値引きで45,980円、ポイント還元が12%だったので、実質的には40,462円で購入出来た事になります。


 在庫品の即日出荷だったので、2020年1月22日に注文した物が、翌実の23日に届きました。

 アルミ製のケースが付属していて、使用しない場合はこれに入れて保管する事が指定されています。
 環境の変化から守る為とか言った物理的な理由なのか、豪華感を出すための心理的な理由なのかは分かりません。

 細かい違いはあるものの、PS770と同じ様な構造です。

 ニードルキャップとノズルキャップを覆う透明なゴムキャップが付属するのもPS770一緒でした。

 ニードルキャップはPS770同様に、指で塞いでうがいができない構造なので、下の写真の様にノズルキャップを緩める事て、うがいを行います。

 塗料が溜まりやすい構造なので、大抵の場合、ノズルキャップを外して、ニードルとノズル先端を露出させて使います。

 ニードルアジャスター(プリセットネジ)にノズルキャップが取り付けられる構造になっています。
 ニードルキャップの紛失防止の為の機構だと思われます。

 ニードルアジャスターにノズルキャップが取り付けれる様になったのと、プッシュボタンが角型になったのかCM-C Plusとの大きな違いです。
 一般的な丸型のプッシュボタンと体感できる様な差は今の所感じられません。

 ニードルアジャスターに数字が刻印されていて、ニードルの後退量を管理出来るのもPS770と同じです。

 ノズルはニードルキャップなどとをまとめたヘッドごと交換する様に指定されているのもPS770と同様です。

 ヘッドの価格は取扱説明書には明記されていないので、販売店を通じて問い合わせないとならないみたいです。

 CM-CP2のノズルは0.23mmで、0.18mmに変更する事が可能みたいです。

 ノズル単体での交換が想定されていない製品なのに、ノズル交換用のレンチが付属しています。
 使っていく内にノズルの固定が緩む事があって、締めるのに使うのかも知れません。

 チューブはグリスの様です。

 接続は一般的なエアブラシ同様に1/8なので、クレオスやWaveのワンタッチカプラージョイントを取り付けて使っています。

 説明書は他のカスタムマイクロンシリーズと共通の様です。

 出荷時のテスト噴きの様です。

 ステッカーも付属していました。

 ノズルを限界まで絞った場合、PS770と比べると、やや塗料が詰まり易い感じがしました。
 肌色のシャドー部分みたいに、細噴きとまでは言えないものの、ノズルを絞って塗装する時には、タミヤのHGトリガーエアブラシなどの普及価格帯のエアブラシと比べると、塗料が詰まる感じが無く、快適でした。

 塗った時の粒子感の無さはPS770に対してCM-CP2の方がずっと上でした。
 写真は塗装中のエレナ・ブラヴァツキー(キャスタ)ver.2の顔。

タミヤのHGトリガーエアーブラシスーパーファイン(ノズル径0.2mm)との比較。

 分かり易い様に画像補正を行った、タミヤの0.2mmとの比較。

 自分が高級モデルに求めた、白目や光彩、肌色のグラデーションを入れると言った用途では、CM-CP2は最適の様で性能には満足しています。

 PS770でも同様の用途では満足感は得られると思いますし、CM-CP2は価格が高過ぎるので、コストパフォーマンス的にはPS770や2020年2月25日に発売される新製品のPS771(ネット通販の実売価格はPS770と変わらず)の方が優れていると思います。

 CM-CP2の購入はPS770やPS771に不満が出てからでも遅くは無いと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です